組織体制 – 2012年度

総括班 広島大学・理学系・教授      山本 陽介

2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016

A01項目「新反応開拓のための感応性化学種」

【研究課題名】二官能性典型元素開殻化学種の創製と反応研究業績
研究代表者氏名:岩本武明,連携研究者氏名:石田真太郎 
【研究課題名】感応性低配位典型元素化合物の創製と反応研究業績
研究代表者氏名:松尾 司
【研究課題名】高周期元素ラジカルの高次制御法の開拓と応用研究業績
研究代表者氏名: 山子 茂
【研究課題名】感応性高配位典型元素化合物の創製と反応研究業績
研究代表者氏名:山本 陽介,研究分担者氏名:中野 雅由

A02項目「新物性創出のための感応性化学種」

【研究課題名】光感応性π単結合化合物の創製と機能研究業績
研究代表者氏名: 安倍 学
研究分担者氏名: 古川 貢
【研究課題名】高い発光特性をもつレドックス感応性開殻化学種の創製と機能研究業績
研究代表者氏名: 池田 浩
【研究課題名】高周期典型元素を基軸とする感応性開殻分子の創製と機能研究業績
研究代表者氏名: 関口 章
連携研究者氏名:一戸 雅聡,中本 真晃
【研究課題名】電子欠損型感応性π電子系の構築と機能研究業績
研究代表者氏名: 山口茂弘

A03項目「新触媒開発のための感応性化学種」

【研究課題名】感応性高周期元素-遷移金属多重結合を有する金属錯体の創製と触媒機能研究業績
研究代表者氏名: 橋本久子
連携研究者氏名: 飛田 博実
【研究課題名】低配位高周期元素の配位子特性に基づく感応性金属錯体の創製と触媒機能研究業績
研究代表者氏名:小澤文幸
連携研究者氏名:中島 裕美子
【研究課題名】高周期典型元素の配位多様性を基軸とする新触媒創製研究業績
研究代表者氏名:時任 宣博
連携研究者氏名:笹森 貴裕,水畑 吉行,吾郷 友宏
【研究課題名】低配位ホウ素アニオンの配位子特性に基づく感応性金属錯体の創製と触媒機能研究業績
研究代表者氏名: 山下 誠 

A04項目「生体反応解明のための感応性化学種」

【研究課題名】生体酵素系に生成する感応性化学種の同定と機能解明研究業績
研究代表者氏名: 井上 豪
研究分担者氏名:中村 努,松村浩由
【研究課題名】感応性金属錯体を用いる人工光合成膜の創製研究業績
研究代表者氏名: 小江誠司
研究分担者氏名: 中井英隆
【研究課題名】感応性金属酵素中心モデルの構築と機能発現研究業績
研究代表者氏名:杉本秀樹
連携研究者氏名:伊東 忍
【研究課題名】酵素触媒反応種の状態変化と活性制御に関する理論的研究研究業績
研究代表者氏名:吉澤 一成
研究分担者氏名:塩田 淑仁

評価委員

広島大学 名誉教授 秋葉 欣哉 東北大学 名誉教授 吉良 満夫
北海道大学 特任教授 宮浦 憲夫 理化学研究所 
基幹研究所所長
玉尾 皓平
Adjunct Professor, University of Alabama 吉藤 正明 京都大学 名誉教授 小松 紘一
Disinguished University Professor, Technion- Israel Institute of Technology Yizhak Apeloig Professor, VU University Amsteddam Koop Lammertsma
Professor, Nanyang Technological University François Mathey Distinguished Professor, Dep. of Chemistry, University of California Philip Patrick Power

研究協力者

東京大学 名誉教授 川島 隆幸